究極の判子

社印イメージ

私は会社で会計をやっているのですが、毎日のように社印をおします。
私が押す社印は、社印と言っていいのか、まあ銀行印ですね。

銀行でお金をおろす時にしか使いません。
領収書などに押すのは会社の住所や電話番号などが載ったスタンプがあるので、丸くて複雑に社名が入っている判子は銀行印しかありません。

では、一体社印とは何なのか?!
会社で公式に使用する判子のことだそうです。

ということは、私が毎日ポコポコ押している銀行印も立派な社印ということになりますね。
ところでこの社印を調べてみたところ、開運の会社印というものを発見しました。

事業の繁栄を願って作るそうです。
うちの会社の判子も、ちゃんとそこらへん考えて作っているのかは謎ですが・・・。

この開運の会社印。
安全性、縁起の良さ、美しさを兼ね揃えた究極の判子だそうです。

量販店などで売っているお手頃すぎる価格の会社印は、ほとんどがあらかじめ機械に登録されて書体を機械が彫っているだけの、どこにでもある判子なんですって。
なので、コピーされる危険性も非常に高い。

一方、オリジナルの開運会社印は、開運の吉相となる印稿の段階から、職人さんが手書きで作り、一本一本職人さんが手彫りで仕上げてくれるのです。

コピーされるのはもちろん不可能なうえ、同じ職人さんですら全く同じものを作ることも不可能なんだそうです。
故に、開運会社印は、絶対的な安全性と手彫りによる美しさを兼ね揃えているのです。

ページの先頭へ